大学時代の缶バッジの思い出

Published on :

私は地元の高校を卒業して私立大学に入学し、大学生として大学生活を送っていたのですが、地元を離れて都会の大学に入学した私には大学生の友人が中々出来ずに焦っていました。 何かきっかけさえあれば大学の同級生達と仲良く出来るのではないか、と日頃から当時考えていた私でしたが、元々人とのコミュニケーションが苦手な私は自分から大学生の友人を作る事が出来ず、寂しい日々を送っていたのです。 しかし、そんな私の寂しい状況を一つの缶バッジが救ってくれたのです。 あれは私が大学に通い始めて2ヶ月目の5月の上旬に、大学の英語の授業でグループを作りお互いの自己紹介を英語で行っていた時に、私の同級生の女の子が布製のペンケースに私も当時好きで良く聞いていたイギリスのロックバンドのバンド名のロゴが書かれた缶バッジをつけており、その事をきっかけにして私が同級生の女の子に話しかけ、そこから輪が広がって私は無事に大学生の友人を作る事が出来たのです。オリジナル缶バッジの|缶バッチ制作POTOM